アレルギー性鼻炎の症状について大人と子供の違い

子供のアレルギー性鼻炎は年齢で症状が変わってくる

子供のアレルギー性鼻炎は、早い時には1歳ころから見られるようになります。

 

透明の鼻汁が出るようになり、この鼻汁を調べると好酸球という白血球が増えているためアレルギー性だと確認できるようになります。

 

明らかな季節性がないこともよくありますが、最近になって春先に症状が出たり、普段の鼻炎症状が悪化してくるなどの症例も増えてきています。

 

アレルギー性鼻炎は、アトピー性皮膚炎や気管支ぜんそくやアレルギー性気管支炎などと併発されることが多いです。

 

アレルギー性鼻炎,症状,大人,子供

症状は、幼児期になるまであまりひどくなることはないため、経過を見ることにとどめて特別な治療をする場合はあまりありません。

 

学童期以降になると、症状が重くなってきて、治療が必要なる症例が多くみられる傾向になってきています。

 

アレルギー性鼻炎の原因は、通年で症状がみられる場合にはダニやカビなどが原因で、春先に症状が出たりひどくなるときにはスギやヒノキなどの花粉が原因です。

 

スギ花粉の時期を過ぎて悪化する場合にはカモガヤなどイネ科の花粉が原因で、それが秋になるならブタクサ、ヨモギ、カナムグラの花粉が原因でしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ